旧N1kuMeet5

Loading
HOME PROFILE

[JB]iPhoneの日本語フォントを変える4つの手順

Posted on by hama9uch1 | 64,468 views
SPONSORED LINK



はじめに

iPhoneの日本語フォントは細字と太字の2種類があります。
デフォルトのフォントもかっこいいですが、カスタムしてみるといつものiPhoneの印象がガラッと変わります。
作業自体もなれるとものの数分でできるので、お手軽カスタムしてみました。

用意するもの

OTEdit

TryeTypeからOpenTypeへ変換する時にOTEditで重複コピーするCID長いのでCIDと呼ぶことにします

自分の気に入ってる(細字と太字の2種類)


iPhoneのオリジナルフォントを上書きすることになるので、オリジナルフォントを必ずバックアップしてください。
そうしておかないと元に戻すときに戻せなくなくなります。

フォントは完成も含めて4つ出来上がります。作業自体は簡単な反復になることが多いので
作業自体は決して難しくありません。

オリジナルフォントは
/System/Library/Fonts/Cache/
に、入っており
HiraginoKakuGothicProNW3.otfとHiraginoKakuGothicProNW3.otfの2種
NW3は細字、NW6は太字です。

私の紹介する方法以外にもやり方はあります。細字と太字の2種類を用意することで
別々の作業になりますが、同じ方法での作業になります。これにより、間違いを起こしにくいと思いました。

では、実際にやってみます。

その1:TTFフォントを、OTFフォントに変換


私が用意したフォントがTTFフォントなので、OTFフォントに変換する必要があります。
拡張子をみれば、自分がどのフォントを用意したのか分かると思います。

201106061
OTEditを立ち上げ、ファイル→一括コピー
コピー先のフォントの種類:Proフォント
コピー元ファイル:自分の好きなTTFフォント(ここでは、1.ttf)
コピー先ファイル:同じ名前にして、拡張子をotfにする(ここでは、1.otf)
コード種別:Unicode
この設定でOKをクリック

さらに、
201106062
そして、出来上がったotfフォントをコピーします。
1.otfをCTRL+CそしてCTRL+V。出来上がったものは「1 – コピー.otf」となっていると思います。
この名前ではわかりにくいので、「名前の変更」からcopy.otfにします。

そして、次に
201106063
コピー先のフォントの種類:Proフォント
コピー元ファイル:先ほどコピーしたotfファイル(ここでは、copy.ttf)
コピー先ファイル:先ほど作ったOTFふぁいる(ここでは、1.otf)
「CSVファイルで指定」にチェックを入れ、ダウンロードしたCSVファイル(CID.csv)を指定する。
コード種別:Unicode
この設定でOKをクリック

さらに、次に
201106064
ファイル→開く→今できたばかりのOTFファイル(1.otf)を選択。

フォント情報をコピーします。コピーされるものはもちろんiPhoneのオリジナルフォント、NW3.otfです。
先ほどの状態のまま、ファイル→開く、選ぶのはHiraginoKakuGothicProNW3.otf
これで、ウィンドウが2つになったはず。

それぞれ、設定→フォント情報を開きコピーしやすいようにウィンドウを並べて
NW3.otfの情報を1.otfに入れます。
201106066

フォント情報のウィンドウの詳細をクリック、商標の英語著作権のところだけがコピー出来ませんでした。
その他の情報は、すべて上書きしていきます。

上書きし終わったら、保存します(ここでは、2.otf)

その2:OTFフォントを新規作成する


201106067

またNM3フォントの情報を頂きます。
201106068
設定→フォント情報
先ほど行った作業を再度行います。
それぞれ、設定→フォント情報を開きコピーしやすいようにウィンドウを並べて
NW3.otfの情報を新規フォントの情報に入れます。
やはり、商標の英語著作権のところだけがコピー出来ません。
これで、フォントの情報はコピーできました。
そして、ファイルの名前をHiraginoKakuGothicProNW3.otfで保存します。

その3:オリジナルの「ヒラギノ角ゴシック」のフォントをコピーする。


201106069
コピー先のフォント:Proフォント
コピー元ファイル:iPhoneオリジナルフォント(ここでは、「HiraginoKakuGothicProNW3.otf」)
コピー先ファイル:先ほど作った(ここでは、「HiraginoKakuGothicProNW3.otf」)
コード種別:CID

その4:OTFに変換したフォントをコピーする


2011060610
コピー元ファイル:2.otf
コピー先ファイル:新規作成し、標準フォントコピー済みのOTFファイル(ここでは、「HiraginoKakuGothicProNW3.otf」)
コード種別:CID

お疲れ様でした(^_^)♪これで、細字は完成です(^_^;)
また、太字が残っていますが、用意した太字フォントとNW6を使えば
上の方法で出来ます。

出来上がったotfフォントを
/System/Library/Fonts/Cache/
に、入れてRispringすれば反映されます。

SPONSORED LINK



今回の記事は、お友達に推奨できるくらいご満足していただけるものでしたでしょうか?
何かいただけるとブログ更新の励みになります(^_^)♪

  • はRSS登録する
  • はてブする
  • ツイートする
  • facebookで共有する
  • 改善点がありましたらご指摘頂けますと幸いです。頂いたフィードバックを元に、
    より良い記事を書けるように頑張ります。

    アドバイスを頂ける方は、「コメント」欄より宜しくお願い致しますm(_ _)m


関連記事

niku_r15_c6