1. 牛肉の部位

牛肉の部位

牛肉は部位により、柔らかい歯ごたえがある等の食感や、旨みも異なります。
部位の特徴を知ることで、さらに松阪牛が美味しくいただけます。

牛肉の部位イメージ

基本(ベーシック)部位

部位名 牛1頭から得られる肉の量 特徴 種類
ステーキ すき焼き・しゃぶしゃぶ カレー用 焼き肉 切落し
ヒレ 約3キロ 肉の中で最も柔らかく、上品な味が楽しめる部位です。脂肪が少なくあっさりとしているため、ご年配の方にお薦めできます。
リブロース 約10キロ 牛の中心部分のため、味、美、香がとても素晴らしく、さまざまな料理に合います。ここの霜降りの量が多ければ多いほど、高等級になります。
サーロイン 約10キロ 「サー」の称号を与えられた部位で、ステーキといえば、この部位を連想するかと思います。芸術的な霜降りをご堪能ください。
肩ロース 約18キロ リブロースと連結している部位で、肉質、脂質とも素晴らしいです。流れるような霜降が特徴です。
ランプ 約5キロ 脂身はほんの僅かしか無く、柔らかい食感であっさりと楽しめます。
イチボ 約2キロ モモ肉で一番霜降りの多い部位になるため、モモ独特の風味を十分にお楽しみいただけます。店長一番のお勧め部位です。
マエバラ 約15キロ やや硬い食感のため、焼き肉ではスライスして使用します。人気の「三角バラ」はこの部位にあります。
ナカバラ 約30キロ カルビの一部で老若男女問わず大人気の部位。カルビとして取れる部分は15kg程になります。霜降りはやや少なくしっかりした食感です。脂と赤身の絶妙なバランスが大変美味です。
ソトバラ 約30キロ カルビの一部で老若男女問わず大人気の部位。カルビとして取れる部分は15kg程になります。霜降りは多くジューシーで踊るように焼けていきます。焼いている時の香りは最高です。
バラヤマ 約3キロ 助骨の間の部位でお肉の層が二層になっているのが特徴です。脂が大変ジューシーで、バラ肉特有の食感が楽しめる逸品です。
ウデ 約10キロ ほぼ赤身のため、あっさりとした味わいで、特にすき焼きに使用されます。稀少部位の「ミスジ」がある部分です。
マル 約10キロ ほぼ赤身の中に霜降りが綺麗に入っています。モモ肉の中ではトップレベルの旨味の詰まった部位です。
内モモ 約10キロ ほぼ赤身のため、脂が苦手な方にお勧めです。
外モモ 約10キロ 厚くカットした場合は、やや歯ごたえがあり、肉本来の味を十分に楽しむことができます。
スネ 約10キロ 入り組んだスジをお鍋で長時間煮込むと、おどろくような柔らかさに仕上がります。カレーやシチューに最適です。
スジ 冬の季節になると、ロースやヒレを押しのけて人気となります。おでんにはなくてはならない部位です。スネ肉同様に煮込むと柔らかくなります。

希少(プレミア)部位

部位名 牛1頭から得られる肉の量 特徴 種類
ステーキ すき焼き・しゃぶしゃぶ カレー用 焼き肉 切落し
カブリ 約1キロ ロースの中央部分にかぶっている部分で、霜降りがキメ細かく、柔らかい食感です。
サガリ 約1キロ ハラミと類似していますが、ハラミより霜降りが少なく、あっさりと柔らかい味わいです。
ハラミ 約1キロ 焼き肉で有名な部位です。霜降りがのった柔らかい部位です。
タン 約1キロ 松阪牛のタンは珍しく滅多に出回りません。その為焼肉店からお問い合わせをいただきます。タンの霜降りのところだけをご提供します。
テール 約1.5キロ 特に硬い部位のため、一般的にはスープによく使用されていますが、長太屋では焼き肉にお薦めしています。骨付カルビより旨みがあり、美味しいです。
三角バラ 約1キロ 肩ロースと中バラと連結している前バラの一部です。極上のカルビとなります。
カイノミ 約1キロ 中バラの一部で非常に柔らかく、味がしっかりとしており、あっさりとした上品な味わいです。
フランク 約1キロ 外バラの一部です。カイノミと連結している部位で、焼き肉好きにはかかせない部位です。
みすじ 約1キロ 「幻」と呼ばれるほどの希少な部位でウデ肉の一部です。骨に隠れるように肉があります。美、香、味どれをとっても素晴らしく、濃厚な味わいです。
ざぶとん 約1キロ 肩ロースの一部で、焼肉店で特上カルビに使用されることが多いです。霜降りが芸術的に綺麗に入っており、網の上に乗せると、踊るように焼き上がります。
トモサンカク 約1キロ マルの一部で、こちらにも素晴らしい霜降りが入っております。モモ肉独特の風味が食欲をそそります。
イチボ先 約1キロ 長太屋オリジナルの呼び方で、イチボの先の部位です。ほんの僅かしか取れない上質な部分です。販売されていたら、すぐにご購入されることをお薦めします。